diary:2008.06

2008.6.2--地味に緩やかに

気がついたら6月になっていた。

いや、そんなことはなく。
確実に時は過ぎていっていた訳で。

仕事では(私自身は順調ながら)色々なんだったりだけど、
ぼちぼちゆるゆるとやってる合唱では周りに助けられ、
夏の高知に向けて作り上げていっている作品は、
多少引っ掛かりがありながらも何とか頑張れていて、
夏の原宿に向けて作り上げていっている環境は、
仲間のサポート無しには実現し得なかっただろうとひしひし。

その途中経過が目に見える形で現れるこの6月。

2つのチームの練習合宿が2週続けて。
一体どんな形になっていくのだろう。
ていうか体力持つのか!?私!!

加えて新しい環境のこともゆるゆる動きそうな6月。
今のところまだ有給に余裕はあるし、まぁ無理をしない程度に。

そしていつも見守ってくれている(?)旦那様に感謝。
気がつけば1ヶ月経過です。
未だに実感まったくないけど。

2008.6.24--ミラクル話


既に先々週の話ですが。

地元のラジオ局が開局10周年!てな訳で、ゲストで歌手が二人来るという…!

谷村新司!
そして「日本のパリ」こと地元出身、宇多田ヒカル!

あ、いや、ダンシング谷村とミラクルひかるなんですが。
※ミラクル嬢は地元の同級生(幼なじみともいう)

私が山梨で軽い二日酔いと戦いつつ、フワックル流しを眺めてキャッキャしている間に、
うちの弟ちゃんがサインをゲットしてくれた模様!

ああ、一言までつけてくれて〜…
最後に会ったのは成人式だしなあ〜
さぞべっぴんさんになったんだろうなあ〜…

ああ、小学校の頃二人して「○○くんが好きだもんね〜」なんて言っていた頃が懐かしい…
(超おぼろ気な記憶)

いっぺんは生でネタを見てみたいぜ。
でもディナーショーは高いと思うんだぜ。
るるるん。

サインは鈴木タイムラーサインの横に飾ろうと思います。
わふぅ。

2008.6.30--ふくとぅー…

昨日の日中、疾風楽祭の練習に参戦。
野郎振りを散々踊って帰宅してみれば、思った以上に体力の消耗が激しい…

むー、ぞっこんの振りに比べたら全然楽なのになあと思いつつ横になってたら、気が付けばうたた寝。
このまま寝ちゃいかんと晩御飯食べたり、溜ってたビデオを見たり。

んで寝たわけですが…
朝の5時過ぎ、あまりの腹の痛さで目が覚める。

ううう、暑くて布団蹴り飛ばしてたのがいかんかったか?
それとも夜に食べた納豆が当たったか?
うーうー唸りつつ二度寝。

もう一度目が覚めても治まってない腹痛。
朝からトイレに篭ってますよ…
でもまあ会社に行けないほどでもないかと思ってそのまま出勤。

…うーん具合悪い。
とりあえず正露丸飲んでみる。
痛みが治まらない。。。
なにーただの冷えでも食あたりでもないのか!

まさかと思いつつ午後にバファリン投入。
ちょっと落ち着く。

とはいえ…原因不明なのがなんだかなあ。。
脱水症状にならないようにだけは気を付けます。
るるる〜…

2008.6.30--2500通りの出会いと別れと再会

腹が痛い痛いと唸りつつも、本日の晩御飯はつみれ&みぞれ鍋。
(具はガチでつみれとみぞれのみ)
大根は胃腸を良くしてくれるというし、あとは気休め程度でつみれにネギと椎茸と生姜と日本酒を…

ウマー

何となく体調が良くなった気がする!

---

土曜の話。

7月から学童仕事(土曜のみのバイトだけど)復活てなもんで
シフト表貰いに(ていうか履歴書を出しに)元職場へ行きつつ、
その足で渋谷に向かってスーパーよさこいの説明会なんぞ行って。
一緒に行ったMゆたんと遅いお昼ご飯をカフェで食した後、単身新木場へ。
(なんて過密スケジュール)

旦那様(一番のファン)・友人の3人で行ってきましたよ、surfaceの10周年ライブ。

最初に彼らの曲を聞いたのはラジオが先だったか、テレビが先だったか。
元々「B'zっぽい」って所から入った邪なアタシ。

最初にライブを見たのは大阪だったかな。
それが一体何年前で、いつの時期だったかはっきり思い出せないのがなんともはや。
(協議の結果、数年前のクリスマス後だったというのが判明。)

私の手元にある彼らのCDはデビューアルバムだけ(でも初回版だよ!)という
なんともやる気が無い人間が行って良かったのかしら、なんて思いつつライブに参戦。

場所は「ああなんかここ見たことあるよ!」という気分を彷彿とさせてくれた新木場STUDIO COAST!
(ネタの出所:シカオちゃんのアルバム特典映像)

そこに入るお客様は2500人!

手元にあるチケットの整理番号はB1000番台!
(A1〜800→B1〜1100ぐらい)

…あ、結構後ろの方ですのね。

でもそんなの気にしない!

例によって会場の後ろ〜〜〜の方から見ることになったのですが
そこがもう!
なんだか!

野郎の巣窟…!!(勿論女の子も居たけど!)

なんだかもう野郎たちのせいで見えないのはしょうがないにしても、
周りから野郎たちの大合唱が巻き起こるのがなんとも…!

今回ライブで演奏する曲が「シングルA面曲すべて」ってなもんですから。

すげーー
すげーーー

なんだこの同窓会に近いようなノリは!!

いやーもーーー
ボーカルである椎名氏も3〜4割以上歌うことを放棄していたので何だかもう素敵な展開に。(それもどうかと!)

そんな中、トークで出てきたコト。


今この会場に居る2500人以上がsurfaceと出会ったきっかけは様々で、
好きな曲・嫌いな曲もあるだろうし、ずっとsurfaceが好き!!って人も居るだろうけど、
ある時を境にsurfaceを全く聴かなくなったって人もいる中で。

でも今こうやって2500人が集まってくれたことに物凄く感謝してる。
途中どんなことがあったにしろ、今またこうやって戻ってきてくれてることに感謝してる。

surfaceの二人が出会わなければ今が無かったし、曲だって生まれることも無かったし、
何よりも曲を聞いてくれる人たちが居ないとこの場も成立しなかっただろうし。

surfaceとsurfaceの曲を聞いてくれる人とを結び付けてくれた「縁」って素晴らしいものだと思う。


…ワタシ的記憶なので細かいところはだいぶ違うだろうけれども、そんな感じの内容を椎名氏が語ったのでした。

確かに。
ワタシがsurfaceの曲を聞いてる時間というか絶対数としては物凄く少ないと思うのに
今その場に自分が居るということが不思議でもあり有難いことでもあり。

普段別々の生活をしている人たちがsurfaceの曲を聞きたい、
一緒に10周年を祝ってあげたい、彼らの姿を見たい、
そんな想いで1つの会場に集まって、
一緒になって踊ったり歌ったりしているのもよく考えたらすごいことだなぁとも思うし。

これからも15年、20年…とこの空間が続いていってくれたらなぁ…とほんのり思うワタシ。
(や、激しくファンって程でも無いんですがね!)

ジャンルは違えど、同じく10周年を迎えるぞっこん、
そして去年お世話になったなんユニも不思議な縁で繋がってるよなぁとひしひし。
あと1ヶ月少々、高知に向けて頑張らねばーーー。
(その前に体調治さなきゃ!)


しかしよく考えたらさ。
B'zの15周年ライブ@渚園(例の台風が直撃した2日目)では
ワタシとおかん、最前列陣取って歌いまくってたよなぁとか思い出してみる。
(あの時のセットリストもシングルメインだった)

うん、まぁ、やっぱそんなもんか…
inserted by FC2 system